一人暮らしではペットボトルとどちらがお得?

ウォーターサーバーを導入するメリット

日本は水質が安定・安全だとされており、水道水をそのまま飲用する方は多かったでしょう。しかし、災害時に断水してしまうことを考えると、ウォーターサーバーやペットボトルの水を用意しておくと便利なのも事実です。
海外では水は買うものという認識が広まっており、日本のように水道水をそのまま飲むのはめずらしいのです。ウォーターサーバーとペットボトルは安全性が高く、味わいも安定しているメリットがあります。
天然水を使用したものが多く、口当たりがまろやかで飲みやすいです。
日本の水は軟水なので、舌触りもよくて料理との相性も抜群です。
ウォーターサーバーとペットボトルを比較した場合、価格だけを見るとペットボトルのほうがお得だと言えます。ただウォーターサーバーは定期コースを利用すれば、その都度注文する面倒がなく、毎月決まった時期に配送してくれます。
買い出しに行くのが面倒という方にとっては、ウォーターサーバーを導入するメリットは大きいでしょう。最近は浄水器タイプのサーバーも登場しており、ペットボトルよりも安価に抑えることが可能です。
一般的なウォーターサーバーを導入する場合は、電気代、配送コスト、レンタル費用なども考慮して選びましょう。
一人暮らしの水選びでは、ランニングコストを考慮して家計を圧迫しないことが重要となります。

水道のお水と比較

水道水をそのまま飲用するなら、月々の水代は極めて安いものでしょう。1日2リットル飲んだとしても、入浴・洗濯に使用する水量と比べると微々たるものです。
価格で見ると水道水が圧倒的に有利ですが、水質の安定性・おいしさなどを考えるとウォーターサーバーがおすすめです。
注文するのが面倒という方もいますが、定期コースを利用すれば毎月届けてくれます。ウォーターサーバーを導入するメリットは水がおいしいこと、自分に合ったものから選択できること、災害時にミネラルウォーターとして飲めること、などがあります。
温水機能がついたサーバーもあり、いつでも温水を飲めるというメリットも見逃せません。身体を冷やしたくないお年寄りなどは、冷水より温水を飲むように意識したいものです。
カフェインの含まれた飲料だと就寝前に飲むのは適さないですが、温水ならカフェインゼロなのでいつ飲んでもかまいません。身体を温めることは免疫向上にもつながり、健康面からもメリットがあるのです。
ウォーターサーバーのおいしさに慣れてしまうと、水道水には戻れないという方が多いです。水は料理にも使用しますから、おいしい水を使うことで料理の風味もよくなることでしょう。
水に機能性を求めるなら、水道水よりもウォーターサーバーがおすすめです。