4人家族で場合、水道代と比較してみた

ウォーターサーバーは、大容量の専用ボトルをセットして、そのお水を冷たい状態や、70度から80度のお湯の状態ですぐに使うことが出来るものです。お水のクオリティーは非常に高く、それぞれのメーカーごとにこだわりをもって、原水から丁寧に処理をして、不足しているミネラルなどを補充して、体に良い状態にして整えています。
天然水を基にしていることが多く、安全性が高い処理の仕方をしているので、ウォーターサーバーのお水は赤ちゃんのミルク作りなどにも使用できます。一般的な4人家族でウォーターサーバーのお水を使用した時のコストは、水道水を使用している場合と大きな差はありません。サーバーにかかる電気代は、お湯をこまめに沸かしたり、赤ちゃんのミルク作りのために、水道水を煮沸したことを考えると、電気代も大きな負担にはなりません。料金設定は、各メーカーごとに異なりますが、1ヶ月にかかる電気代は平均的には1,000円程度と言われています。
飲料水用に、ペットボトルのお水を購入している人の場合には、スーパーマーケットなどで重いボトルを購入して持ち運ぶ手間が、ウォーターサーバーを導入することによって軽減することが出来ます。
便利で気軽に使うことが出来るものです。

ペットボトルとのお水の違い

ウォーターサーバーのお水も、天然水を利用しているものがあります。スーパーマーケットなどで販売されている、天然水のペットボトルのお水もありますが、この二つの違いは大きくあります。
天然水は、そのままの状態では飲料水に向かなかったり、保存がきかないので、きちんと正しい処理を行う必要があります。
処理の仕方は、メーカーによって異なります。煮沸消毒をしているメーカーや、濾過をしているメーカーなどもあります。飲料水として販売しているお水には、消毒をしていることはあまりありませんが、中には消毒をしているものもあるので、注意して選びましょう。
ウォーターサーバーで使用しているお水は、濾過をして、飲料水として適した状態にしているものが多いです。煮沸をしてしまうと、天然水に含まれている成分が破壊されてしまったり、味が変わってしまうというリスクがあります。ウォーターサーバーのお水は、安全性だけでなく、飲料水としての味や口当たりも考えて、原水の処理を行っています。不足してしまっているミネラルなどは、最適な量を補充したりして、より健康面に気を付けた状態にしあげています。
料理に使用しても、仕上がりの味が変わるので、いろいろなものに使ってみましょう。