ウォーターサーバーはとても便利ですが、気をつけないと危険でもあります。気軽にワンタッチでおいしい水を飲めるため、ご家庭に常備している方も増えていますが、その分、うっかり事故も発生しているのです。
ウォーターサーバーでは温かいお湯も利用できますが、不注意で熱湯が出てしまい、赤ちゃんがやけどを負ったなどの事故はしばしばあります。
他にも、ボトル交換の際、サーバー本体が転倒したということもしばしばです。
サーバーは割りと重量があるものですから、もし、赤ちゃんが下敷きになったりすると、恐ろしいものがあります。こういった事から考えると、赤ちゃんにとって、ウォーターサーバーの周りは危険が多いです。
もし、チャイルドガードを施しているとは言え、何かの拍子に熱湯が出てしまったりすればやけどをしてしまいます。
また、水の方はチャイルドロックを掛けられない場合もありますから、こちらの方は赤ちゃんがいじっているうちに出てしまう可能性が高く、水濡れ程度なら大事はないでしょうが、もし、電気コードに掛かって漏電したりすると危険でしょう。この為、赤ちゃんが居るご家庭では、チャイルドガードを設置しておくことは、望ましいといえるはずです。

赤ちゃんのミルクに天然水のウォーターサーバーは大丈夫?

赤ちゃんにはできるだけ、安心で安全なものを食べさせてあげたい、と言うのはママなら自然に思うことでしょう。この点で気をつけたいのは、ウォーターサーバーの水が、必ずしも赤ちゃんにとって安全かどうかです。
水道水に比べて不純物が取り除かれたものは多くなっていますが、ニーズに併せて軟水から硬水まで、多彩な種類があるのはご存知でしょう。硬水というのはミネラルを多く含んだ水となっていますが、この硬度の高い水は赤ちゃんには適しません。
ミネラルはお腹の調子を崩したりと言った原因に成りますので、粉ミルクには硬度の低い軟水を利用してあげるようにしてあげたいものです。レンタルのウォーターサーバーの中には、赤ちゃんに向いた軟水の製品も多数ラインナップされており、手軽に利用することが可能です。
数が多いので悩んでしまいそうですが、こういう時にはネット上の口コミを調べたり、比較サイトを利用したりして、情報を集めてみるといいでしょう。ウォーターサーバーは使い方次第で赤ちゃんにとって、良いものにも怖いものにも成りえますので、ママたちでしっかりと、安全な使い方を考えてあげたいものです。

筆者について

admin

記事を表示 →