近年では健康や衛生面の観点から、ウォーターサーバーを利用して安心、安全のお水が飲みたいという方が増えているようです。
しかしながら、日本の水道水の品質は非常に優秀で、実際に健康への害はないと考えても良いのですが、ウォーターサーバで提供されるお水と違い、塩素による消毒を経て水道水となるため、独特の塩素臭が残ります。これが嫌だという理由でウォーターサーバーを導入する方も多いようです。
さて、そういった導入の際に気になることと言えば、お水の価格についてではないでしょうか。お水というのは生活において重要なライフラインですから、どうしても避けられない出費です。ではここで一度、ウォーターサーバーと水道水の料金を比較してみましょう。
水道水は使った分だけかかりますが、ウォーターサーバーは実際に使ったお水の量だけでなく、レンタルタイプであればその分料金も加算されますし、溜めておくためのボトルは交換が必要なのでその時も費用がかかります。
では水道水の方がリーズナブルなのかというと、正にその通りで、安く収めるならば水道水が一番安いのです。しかし、安全性や塩素臭のない新鮮な水だということを考えてみると一概には言えず、全体的な満足度も加味すれば決して高すぎることはない価格だといえます。そして最近ではレンタル料が無料のサービスも登場していることから、その価格差も縮まってきていると言えるでしょう。

安全のお水が飲みたい

天然水のボトルとどちらがお得?

ウォーターサーバーと水道水との料金の比較では、水道水のほうがリーズナブルだという結果でしたが、天然水のボトルと比較するとどちらがお得なのでしょうか。一度比較してみましょう。ボトルの天然水もウォーターサーバーで提供されるお水同様、塩素を含まない新鮮なものが販売されています。価格帯も結構な幅があり、とても安く販売されているものから、高価な高級品まで様々です。
では、その中から平均的な価格帯のものとウォーターサーバーのコストを比較してみましょう。
ウォーターサーバーにはレンタル料やお水の料金だけでなく、他にもランニングコストがかかっています。例えば何時でも温かいお湯が出せるようにお水を保温していますが、それにかかる消費電力は結構な大きさです。ではウォーターサーバーはボトルタイプの天然水を買うよりもコストがかかるのかというと、実はその逆で、天然水をわざわざ買うよりも圧倒的に安く収められることができます。お湯を頻繁に使う方は特にお得で、その理由は一回ごとにお湯を温めるというコストを抑えられるからです。冷たい水を火にかけてお湯にするよりも、お湯を保温するほうが遥かに簡単で、エネルギーも使いません。一見保温している時間は無駄のように感じるかもしれませんが、実際はとても効率の良いことなのです。
それに加え、レンタル料が無料のサービスを利用すれば、確実にボトルを買うよりもお水を安く購入することができるでしょう。

筆者について

admin

記事を表示 →

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。